カテゴリー  [ひとりごと ]

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとと動物の絆の心理学  



読んでいると、飛鳥君の深い愛を感じました。


家庭動物は、「永遠の子ども」として、
私たちに寄り添い、
無償の愛を注いでくれる。

これが特別な愛着を感じる理由。

(愛着=特定の相手との間に
形成される情緒的な結びつき。)

確かに知り合いの飼ってる犬は
可愛いと思えないのに、
自分の犬はとてつもなく
可愛いと思えるのは、
そこなんですね~~。

愛着を感じる要素、
養護性、
自己開示と受容。

動物からは、
評価されることがないので、
自分の味方だと思うので、
自己開示しやすく、
受容されていると思うんですね。


動物と暮らすことは
ひとの心身の健康に「効く」。

ひとと動物の間に「愛着の絆」が
存在していることが、
動物が「効く」にあたっての
大きな要因。


ペットロスは愛するひとをなくした時と
同じように、回復のための
一定の時間と過程が必要。
なくなった動物の「居場所を
心の中につくる」ことが、
回復の最終過程となる。

自分から見て、
子どもをなくすのと同じ逆縁なので、
より一層ペットロスはつらくなる。


動物との遊びや世話は、
子どもの養護性を育む
貴重な機会。

動物への愛着が高い子どもは、
ひとへの共感性が高い。


動物は家族の結束を強める
役割を果たす。

接着剤とか、
鎹(かすがい)とかですね。

ありがたす。


飛鳥君は、
16年育てたイケメンの息子を亡くした、
って感覚だよね。
いや、息子以上、
恋人以上、
旦那以上、
親以上(笑)



    FC2ブログランキング

    にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ

    スポンサーサイト

    愛するということ 

    さて、ほとんど記憶のない1月でございますが、
    そんな中でも何冊か本を読みました。

    大事なところを、メモメモ(笑)





    2010年1月25日にこの商品を注文しました、
    と(笑)アマゾンさんが言っているので
    その頃に読んだのですが、
    再読しました。

    裏表紙に

    愛とは、

    孤独な人間が孤独を癒そうとする営み
    であり、愛こそが現実の社会生活の中で、
    より幸福に生きるための最高の
    技術である、とフロムはいう。

    ところが私たち現代人は、
    愛に渇えつつも現実には、
    そのエネルギーの大半を、
    成功、威信、金、権力というような
    目標をいかにして
    手に入れるかに費やし、
    愛する技術を学ぼうとはしない
    人間砂漠といわれる現代にあり、
    〈愛〉こそが、われわれに最も貴重な
    オアシスだとして、
    その理論と実践の習得
    すすめた本書は、
    フロムの代表作として、
    世界的ベストセラーの1つである。


    「共棲的結合(共依存的?)」←個人的メモ

    内容が、心理学、哲学、倫理学の分野に
    及んでおりますので、

    100分de名著 フロム「愛するということ」
    も読んでみました。
    n_201702032028104d0.jpg


    ところどころ図を使ってわかりやすく
    解説してくれています。

    「生産的な愛」の特徴として

    あげられる4つの基本的要素

    要素1  配慮
    相手の生命と成長を積極的に
    気にかけること

    要素2  尊敬
    相手がその人らしく成長発展して
    ゆくように気づかうこと。

    要素3  責任
    相手の要求に応じられる、
    応じる用意があること。

    要素4  理解(知)
    相手の立場にたってその人を見、
    その人を知ること。

    そうした「愛の行為において、
    つまり自分自身を与え、
    相手のうちへと入っていく行為において、
    私は自分自身を、
    相手と自分の双方を、
    人間を、発見する」


    は!、これは。

    イケメン飛鳥君の愛じゃないか(笑)


    20代とかの、若いうちに読んでみるといいかもねぇ。

      FC2ブログランキング

      にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ

      66666 

      突然ですが、本家のカウンター66666を踏まれた方、
      お知らせください。

      BBSに画像貼ってくださるとうれしい。
      キリプレとかは多分ありません(笑)
      だって、飛鳥君の医療費もろもろで大変ですから(爆)

      多分、自分で踏みそうですけど(笑)

      もう月末じゃん。 

      飛鳥君は変わりなく元気です。

      なんせいんちき学生をまだやっておりますので、
      試験が近いのであります。

      まぁ、今回は真剣にやると滅入る科目なので、
      ホント適当にしかやっておりません。

      卒業とか関係ないと研究したいものだけ一生懸命ですwww
      来期はちょっと頑張るかなぁ。

      その前に飛鳥君のお世話を一番頑張るけどね。

      もちろんさ。

      マック君 

      ご近所にやってきたマック君を紹介。
      mack1-1.jpg
      なんか2枚目笑っている気がする↓
      mack2-2.jpg
      2013年12月1日生まれの男の子。今4か月目だね。
      ダックスの子犬なんて見たことなかったから、もうかわいくてかわいくて。
      見るたびによだれたらしてしまう(笑)
      飛鳥も気になってしょうがないらしく、匂いを追ってほとんどストーカー状態(笑)
      自分が大きいわんこで、マック君には恐怖を与えているかも?
      なんて言うことは全く考えていません(泣)

      犬の世界のイロハを俺が教えてあげるんだぁ~って勢いです(笑)

      仲良く遊べる日は来るのだろうか‼‼‼

        FC2ブログランキング

        にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ

      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。