絵葉書 



飛鳥くんを飼い始めた頃には

全く興味がなかった

デジイチの世界。


ひょんな事から興味を持ちまして、

飛鳥くんとしては、

全く迷惑なことですが、

毎日撮りまくっておりましたよ。


そんな中で唯一

これはというのが撮れたのが、

これです。

我が町の城跡で楽しそうに散策。

確か13歳の7月でした。

眺めていると、

こちらまで楽しい気分に

させてくれますね~。


名前忘れちゃったけど、

プロの女性カメラマンにもお褒めを

いただいたっけな。

忘れんな!だよね(笑)


    FC2ブログランキング

    にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ

    スポンサーサイト

    花と飛鳥 

    今回は美しい飛鳥ばかりであります。

    8-fukujyusou.jpg

    福寿草と(3歳)


    sakura.jpg

    さくらと(4歳)

    oobana.jpg

    オオバナエンレイソウと(3歳)
    王子様のようじゃありませんか(爆)

    hana.jpg

    これなんだっけ(笑)(3歳)

    iris.jpg

    花菖蒲と(1歳)

    momiji.jpg

    紅葉と(花じゃないけど)(2歳)

      FC2ブログランキング

      にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ

      ひとと動物の絆の心理学  



      読んでいると、飛鳥君の深い愛を感じました。


      家庭動物は、「永遠の子ども」として、
      私たちに寄り添い、
      無償の愛を注いでくれる。

      これが特別な愛着を感じる理由。

      (愛着=特定の相手との間に
      形成される情緒的な結びつき。)

      確かに知り合いの飼ってる犬は
      可愛いと思えないのに、
      自分の犬はとてつもなく
      可愛いと思えるのは、
      そこなんですね~~。

      愛着を感じる要素、
      養護性、
      自己開示と受容。

      動物からは、
      評価されることがないので、
      自分の味方だと思うので、
      自己開示しやすく、
      受容されていると思うんですね。


      動物と暮らすことは
      ひとの心身の健康に「効く」。

      ひとと動物の間に「愛着の絆」が
      存在していることが、
      動物が「効く」にあたっての
      大きな要因。


      ペットロスは愛するひとをなくした時と
      同じように、回復のための
      一定の時間と過程が必要。
      なくなった動物の「居場所を
      心の中につくる」ことが、
      回復の最終過程となる。

      自分から見て、
      子どもをなくすのと同じ逆縁なので、
      より一層ペットロスはつらくなる。


      動物との遊びや世話は、
      子どもの養護性を育む
      貴重な機会。

      動物への愛着が高い子どもは、
      ひとへの共感性が高い。


      動物は家族の結束を強める
      役割を果たす。

      接着剤とか、
      鎹(かすがい)とかですね。

      ありがたす。


      飛鳥君は、
      16年育てたイケメンの息子を亡くした、
      って感覚だよね。
      いや、息子以上、
      恋人以上、
      旦那以上、
      親以上(笑)



        FC2ブログランキング

        にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ

        味噌作り 

        それは早春から始まりました。



        こんな風景があるところです。



        これが開墾前の枯葉とかを
        よけただけの状態。
        介護しながらですから、
        週末しか作業できず、
        結局100㎡位しかできませんでした。

        ぎゃぁ。単位間違ってた。
        100aって書いてた。
        うそうそ。



        トラブル発生。
        ジャガイモを植えた後、
        こんな状態に。



        急きょ、標高の高い方に
        排水路を作りました。

        もちろん、人力。

        スコップ1丁。



        がんばったおかげで、
        植えた大豆に花が咲いているところです。
        もちろん、この頃も介護中でしたから、
        週末作業のみでして、、、、、。

        kansou.jpg

        脱穀して、乾燥中です。

        daizu.jpeg

        前の晩からうるかした大豆君を
        コトコト煮ること6時間くらい。
        次の日、再度温めてから、
        すり鉢ですりすり頑張りましたよ。

        miso.jpg

        事前にまぜまぜしてあった
        塩と麹に混ぜて、タルにセット。

        混ぜるのにちょうどいいボールが
        なかったことが判明。
        来年までに購入しておかなければ。

        あとは天地返しのみだね。


        今年も畑がんばるどぉ。

          FC2ブログランキング

          にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ

          道南各地の思い出 

          飛鳥君とは道南に来てから
          いろいろなところに行きました。
          (4歳夏以降)

          13matsumaejyou.jpg

          5歳の春、突然思い立って
          桜の季節に松前城へ。
          函館へ行った帰りだったので、
          渡島半島周遊の旅となり、
          とても疲れて帰ってきました。
          桜の季節でしたから、
          激混みでしたしね。


          sanbonsugi.jpg

          9歳の春、三本杉海水浴場へ。
          三本杉写ってないから、
          どこだかわかりませんね。


          oofuna.jpg

          9歳の秋。大船遺跡です。
          この時は熊の臭いを感じたのか、
          大張り切りで飛び回ってました。
          確か熊の糞を発見してましたよ。

          他の画像と眼が違いますよね。
          住居址をバックに、かっこいい!


          shiryoukaku.jpg

          12歳の春。こちらは四稜郭。
          先ほど検索しましたら、
          何やらあたしの苦手なことが
          書いてありました。
          確かに人があまりいなくて、
          夜は絶対いけないなぁと思って、
          遊んでましたけど、、、。

          飛鳥君がいればへっちゃら。


          他にも、函館山、10歳の夏頃。



          館城、14歳の春ですね、これ。



          他には、五稜郭、かもめ島、道南四季の杜、
          昭和公園、などなど行きましたよぉ。

            FC2ブログランキング

            にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ